葬儀に参列できないならお悔み電報を送るのが基本

誰か友人か親族がなくなったときには葬儀に参列するのが基本です。でも誰もが葬儀に参列できるというわけではありません。仕事の都合や家庭の事情で葬儀に出ることができないといったときもあります。そんな時に自分には事情があるから仕方がないと考えて何もしなくてもいいわけではありません。葬儀に参列できないならできないなりにやれることがあります。それがお悔み電報を送るということです。

お悔み電報を送ることで自分の故人に対する思いを伝えることができますし、送られた家族の心の痛みや辛さを和らげることもできます。自分の思い出を語るのもいいですし、遺族のことを考えたものを送るのも自由です。何かしてあげたいという気持ちを形にして送ることができます。自己満足かもしれませんが、お悔やみ電報を送って心が軽くなるのは自分だけでなくもらった側も同じです。

お悔み電報の送り方はいくつか方法があります。電報サービスを扱っている業者ごとに送り方は様々ですし、申込み方にもいくつか方法があります。昔は電話で直接申し込みというパターンが主流でしたが、インターネットでの申し込みのほうが簡単にできますし、申込み事態もスムーズに終わらせることができて便利です。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>